一戸建て住宅の軒天に関する内容について

一戸建て住宅の多くには軒天と呼ばれる部分が設置されています。
住宅の屋根の形状や、使われている素材によっても変わる部分になりますが、一般的な一戸建て住宅で傾斜の付いている屋根を持っている場合では、その多くで軒天が設置されていることになります。



屋根は一般的には住宅の壁よりも少し張り出していることによって、張り出し部分の内側天井を軒天と呼ぶことになります。

快適生活!一戸建てメリメリメリットのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

木造住宅の場合では、木材で組まれた格子状の部分に軒天専用とされているボードを張り付けることが一般的に行われている工法になります。

耐火性能に優れており、防水性や通気性にも優れている素材がメインとして利用されており、多い傾向にあることとしては、ホワイトのカラーリングに施されているものを多く目にすることができます。


一戸建て住宅の場合では、メンテナンスをしっかりと行うことが必要とされていて、軒天部分に関しても一定のお手入れを行うことが必要になります。

目視で確認を行って、問題が無い場合ではそのまま利用を継続できますが、塗装がはがれてしまったり、ボードを固定しているネジなどが緩んでしまうこともあります。



このケースでは早期にリフォームを行うことが良い方法になり、下地の木材などが腐食してしまうことが無いように配慮することが最優先になります。
現在では塗装に関しては屋根塗装などを行う際に、同時に施工することも一般的に行われており、業者に依頼する際には確認することがおすすめになります。

家について思うこと

一戸建て住宅ならば、玄関には単独のドアが設置されており、外側にはいわゆる玄関ポーチと呼ばれているスペースが設けられていることがあります。一戸建て住宅の状態によって変わりますが、ポーチ部分は通常では地面よりも高い位置に設定されていることが多く、雨水などが浸入してしまうことを防いだり、各種災害に対応することが可能な作りに仕上がっていることが一般的になります。...

more

初心者向き家

一戸建てを購入する方法としては新築と中古の二つが有ります。新築の場合は、建売住宅や分譲住宅などが一般的ですが、中には注文住宅による一戸建ても有ります。...

more

家をよく学ぶ

一戸建て住宅では木造が多く建築されていますが、木造には水に弱いという性質があるため、立地条件や環境によって寿命が変わってきます。湿気の多い土地では木造の劣化が進みやすいため寿命が短くなってしまう場合もありますが、湿気が少なく風通しが良いなど環境が良ければ寿命を延ばすことが可能です。...

more

家の特徴

一戸建て住宅はいずれは所有したいと思うあこがれを持ちますが、分譲建売物件と注文住宅のどちらが良いか悩みます。それぞれに特徴がありますので、一戸建て住宅選びでは環境に合わせて選ぶことがポイントになります。...

more